小沢だけどウグイス

前年、次女に頼まれてXJAPANのliveビューイングをめぐって来ました。元々、XJAPANは、びいきでしたが、live自体は、行った事がなくて、ますますliveビューイング羽目良く知らない我々は、如何なる感じになるか思い付か通り、ウエブで切符購入し、不安な通り行って来ました。動作まで、ドキドキしていて、周りの人達は、どうして過ごしているのか?と思い、なにげなく印象を見ていました。しばらくして、映画が始まりました。が想像していた産物は、大違いで、映画を見ていると言うからかは、本物のlive場内へ行っているかという臨場感覚、そして、live場内の種別上に生じる、動きながら美術家を撮るカメラがliveでプレーやる奴らの印象を間近に感じ取る事が行え、たぶんカメラの内容もいつかなんかと比べるとひどく良くなっているせいか、映画館でliveを見ておる事さえも、忘れさせてくれるようでした。新曲、そして、今までの曲など、実に多くの曲をプレーし、どんどん、メンバー同士での対話、信者との掛け合い。メンバーが歌っていると、それに合わせて、live場内で信者がのっていて、Xジャンプ、Xの公式の形状を振りながら曲によって歌を一緒に歌ったり。光源もメンバーの良さを鳴らすように、ギター、ドラム、出だしなどを弾いて要る奴らの一所懸命さを伝えていて・・。一言では、言えない何とも不思議な空席といった、夢の瞬間を過ごす事が出来ました。liveに行けなくても、こんなに大きい夢のような瞬間、そして、異空席でありながら、live場内における様な、臨場感覚を感じながら、liveビューイング出来事は、終わりました。本当は、瞬間があれば、アンコールの最後までいて、liveを堪能したかったのですが、帰りの風呂の時間もあり、仕方なくアンコールの最中に帰って来ました。それでも、こういうストックは、私の中では、思う存分心に残っていて、仮にいずれ、同じようにliveビューイングがあれば、参加したいって深く心に刻まれました。

ジッテプラス最安値ならこちら

ゆかちが川畑

小学校の子供って二人で、映画「内側・ヘッド」を見てきました。
脳裏がほっこりする映画でした。思春期にさしかかった女、ライリーが出来上がり育ったミネソタからサンフランシスコに引越し、そのため、不安、引き取り手に反作用し、ミネソタに帰ろうって家でを企てて仕舞う。
そういうライリーの意識の司令塔における、ヨロコビ、カナしみ、ムカムカ、イカリ、ビビリなどの感じとライリーのおみやげを描いた脚本だ。ヨロコビといったカナしみが司令塔から迷いだしてしまい、司令塔に舞い戻るための冒険を、ライリーのちっちゃな際からのおみやげとともに描いた脚本だ。
親視線、坊や視線、どっちからも楽しめます。
大人の自分にとっては、じんわりとした熱情が心にひろがりました。
そうして見た後に脳裏がほっこりとしました。人間の感じにおいて、カナしみという感じは、嫌われる物質、できれば避けて通りたい感じですが、カナしみなくして人間の感じは成り立たない。
ヨロコビもカナしみもその他の感じ一律が、大切な感じであり、ユーザーを育成させ、おみやげを形作って出向くのだというモチーフを、ユニークな切り口で表現した映画でした。
今回は映画館で見ましたが、DVDが出たらまたじっと観てみたいという感じました。